プリントTシャツ

「作り」を見分ける

基本的に、Tシャツは衣服の中でも、あまり丈夫だとは言えません。生地が薄いことなどが理由です。

生地の薄さはTシャツの利点

生地が薄いことは乾きが早く、また、気軽に着れるという利点があり、これがTシャツの良い所です。そのため、捨てるわけにはいきません。できるだけ丈夫な物を探しましょう。

1 生地

プリントTシャツを注文するとき、まずチェックする場所は、「生地」となります。Tシャツの素材は綿100%のものが一番多くて、次にポリエステルと綿の混紡の素材も良く使われるようです。一般的には綿100%の素材がいいのですが、ポリエステル系の素材は、普通のものよりも、汗を吸収しないので、さらに乾きが早く、激しい運動など似る買うオリジナルTシャツには適しています。

生地の編み方には、生地のページでも説明しましたが、天竺編み、スムース編み、ヘビーウェイトなどがあり、それぞれ風合いが違いますので、そのプリントTシャツの用途や自分お好みに合わせて生地を選びましょう。ただし、いずれにしても、手で触ってみて、しっかりとした生地を選ぶようにすることが、丈夫なものを探すと言うことにおいて、一番重要なこととなります。

2 衿

プリントTシャツの場合は、まず下地、つまりベースとなるTシャツを選びますが、その場合にチェックしたいのが、Tシャツの衿の部分になります。プリントTシャツに限らず、Tシャツは何度も洗濯します。せっかくお気に入りのプリントTシャツができても、数回洗濯しただけで衿がだらしなく、伸びてしまうと困ります。Tシャツの衿のチェック方法は、編み目です。編み目が緩いとTシャツの衿は伸びやすいので、基本的に、編み目がしっかり詰まっていて、少し衿の部分がゴワゴワしたような感じのするTシャツをプリントTシャツのベースに選びましょう。

衿を調べるまた、プリントTシャツの限らず、Tシャツを長持ちさせたいのなら、手でTシャツを広げて正面から見たときに、衿の形が左右対称となっているものを選びましょう。衿の形が左右対称になっていないものは、衿の形が左右対称になっていないものは、基本的に衿の変形が早くなります。それ以前に、衿の形が左右対称になっていないということは、Tシャツのつくりが雑な証拠でもありますから、他の部分の作りも、信用できないと言うことになります。これは、誰でも簡単にチェックできるので、簡単なチェック方法だと言えます。

4 縫い目

プリントTシャツのベースに限らず、縫製品を選ぶ場合は、縫い目のチェックが大事になります。縫い目がきっちり詰まっているいて、まっすぐになっていることが良いTシャツとなります。縫い目を良く見て不自然なシワやスカスカなものは選ばないようにしましょう。Tシャツのような比較的、気軽に着られるもの悪く言えば、単純なつくりの衣類は、コストを安く抑えようとすれば、縫製(ミシン掛け)の部分で手を抜クコとが多いようです。ですから、いいもの(丈夫なもの)を選ぶとした場合は、縫い目のチェックは重要になってくるのです。

プリントTシャツのベースとなるTシャツを選ぶ際は、布地が十分使われているかもチェックします、特に裾などの折り返しの部分の布地に充分な余裕があるかどうかをチェックします。一般的に、安物の衣料品は、布地を節約しますので、折り返し部分の布地に余裕がありません。このようなベースでプリントTシャツを作ったりすると、数回洗濯するうちに縫い目がほつれて、糸が垂れ下がってきます。

おすすめWEBサイト 5選

珊瑚 宅配買取

Last update:2018/9/7