プリントTシャツ

お手入れの仕方

生地に付いたページでも少し説明しているのですが、このページではさらに詳しいお手入れ(洗濯)の仕方を教えます

長く使うために

Tシャツは基本的に消耗品とする考えの方が多いようです。しかし、ちょっとしたひと手間でプリントTシャツを長持ちさせることはできるのです。

1 基本的な洗濯方法

◇水温

水温は少しずつ違いはありますが、上限は40℃と考えて、洗濯機で洗濯してください。洗濯の際にはTシャツを裏返しにして選択するとTシャツ、プリントともに長持ちします。また洗濯の際にはネットに入れて洗濯することをお薦めします。そうすることにより、さらに長持ちするようになります。

◇塩素系漂白剤

Tシャツシャツの色が落ちてしまう可能性が高いので、塩素系の漂白剤の利用は絶対に止めてください。また、長時間濡れたままにしておいても、Tシャツのカラーによっては色落ち、その製で色移りする場合もありますので注意しましょう。

◇アイロン

Tシャツにアイロンをかける方はあまり見かけないのですが、アイロンをかける際には、140℃〜160℃の温度で当て布をしましょう。限度は160℃と考えてください。そのため、150℃くらいでかけたほうが無難かと思います。ただし、プリント部へのアイロンはなるべく避けてください。場合によってはアイロンの熱により剥がれてしまうこともあります。

◇ドライクリーニング

プリントが剥がれる可能性があるので、ドライクリーニングは利用できません。オゾン溶水クリーニングは、水を電気分解して高濃度のオゾンを発生させ、その高濃度オゾンを再び水に溶かしたものですので、おそらく利用することはできると思います。

◇干す

強い紫外線を浴びた場合はTシャツの色あせの原因にもなります。曇っていても紫外線は強いときもありますので、できるだけ日陰のつり干しで干すようにしましょう。

2 そのほかの注意点

洗濯札に書いていない注意点やTシャツを長持ちさせるお手入れんもの方法を紹介しましょう。

◇乾燥機

乾燥機で乾燥させると、Tシャツは地珍でしまうことがありますので、乾燥機の使用はお薦めできません。そのため、使用は控えた方がいいでしょう。

◇ハンガー

基本的にハンガーを使用するとTシャツの衿元の伸びや型崩れが起きる可能性があります。それが気になる方は、ハンガーを使用せずにピンチや洗濯竿に直接袖を通すと伸びを防止できます。また、ハンガーを利用するときは衿元から入れずに、裾からセットすると伸びを防止できます。中にはTシャツの伸び防止のテーピング加工が施されているのですが、より長持ちさせたいなら、この方法を取ることをお薦めします。

◇Tシャツのよれを予防

上記のようにしていても、何度もTシャツを洗濯していると首の部分がよれよれになったりくたびれてきてしまうこともあります。そんなくたびれを予防するためには、すすぎ洗いの後に、選択祝詞柔軟剤を1:1の割合で入れましょう。そして、干すときは上下さかさまに干しましょう。するとくたびれはかなり防げます。

何度もTシャツを洗濯をしていると、首の部分がよれよれになったり、くたびれてきてしまうことがあります。そんな、くたびれを予防するには、すすぎ洗いの時に、洗濯のりと柔軟剤を1:1の割合で入れます。そして、干すときは上下さかさまに干しましょう。くたびれはかなり防げます。

check

結婚祝いにプリザーブドフラワーを贈る

翡翠 買取

Last update:2018/9/7